Archive for C.試験に役立つ塾長語録

86 国語の勉強法3 国語の欲張り勉強法

学校では「句切れ」について、「短歌の中で、言葉のつながりや意味のうえから、切れ目になるところを、句切れといいます。」と習います。そして、「〈その子二十(はたち)櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな〉は初句切れ。〈観覧車回れよ回れ想ひ出は君には一日(ひとひ)我には一生(ひとよ)〉は、二句切れ。〈マッチ擦るつかの間海に霧深し身捨つるほどの祖国はありや〉は、三句切れ。〈細胞のなかに奇妙な構造のあらわれにけり夜の顕微鏡〉は、四句切れ。〈くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる〉は、句切れなし。」と教えられます。

そこで、「句切れ」「句」というのは、句読点の句と同じ意味で、文という意味だ。つまり、「句切れ」というのは、一つの文が終わって、次の文が始まるところということだ、と理解します。

でも、それならば、「句切れ」は、「短歌が、二つの文からできあがっているとき、一つ目の文の終わりを句切れといいます。」と言えばよいのに、どうして、誤解を招きやすい、「短歌の中で、言葉のつながりや意味のうえから、切れ目になるところを、句切れといいます。」などというのだろう。この言い方では、上の句と下の句の間が句切れだと思ってしまう人が出てきてしまう。などと疑問を持ち、これについて考えこむのは欲張り勉強法の代表です。

85 国語の勉強法2 絶対的正義

国語の試験問題は、文章を読んで問いに答えます。この時、正解するに必要な情報は、必ず出題された文章の中にあります。出題された文章が元はもっと長くても、その省かれている部分は関係がない。

しかし、そのこととは別に、現在の中学校、高校の国語の入試問題が前提にしている絶対的正義がいくつかあります。

「異文化理解」:食事をするときに、指を使う文化もあれば箸を使う文化もあればスプーンを使う文化もある。そしてその三者の間に優劣はない。

「持続可能な社会」:化石燃料の使用は地球温暖化を引き起こす。これを防ぐには再生可能エネルギーを使用すべきである。

「西洋では人間が自然を支配しようとしてきたが、日本では人間は自然の一部であった。」:西洋は石の文化、日本は木の文化という対比もあります。

「印象的な表現」「感覚的な表現」:どちらも優れた描写力を称賛する言葉です。

「合理的な理由がないのに人の嫌がることをするのは、良くない」:物語・小説の登場人物の心情理解にかかわります。

理科であれば、「力学的エネルギー保存の法則」「作用反作用の法則」は太字で書いてあるので常に意識できますが、国語の絶対的正義(というより法則)は、生徒自ら発見し、意識するようにしなければなりません。

84 国語の勉強法1

単語の持つプラス評価とマイナス評価

「勇敢」はプラス評価。「臆病」はマイナス評価。だから、「あなたは勇敢だ」といわれたら喜んでいいし、「あなたは臆病だ」といわれたら怒るのが正しい。

「慎重」はプラス評価。「軽率」はマイナス評価。

「勤勉」はプラス評価。「怠惰」はマイナス評価。これは、ワーク・ライフ・バランスの観点からは少し微妙になります。

「悠々」はプラス評価。「あくせく」はマイナス評価。

さて、「印象的に」と「説明的に」。この二つの単語の持つ評価はどんなものでしょうか。つぎは、今年の都立高校の国語入試問題です。

「……とあるが、この表現について述べたものとして最も適切なのは、次のうちではどれか。

ア …躍動的に表現している

イ …印象的に表現している

ウ …説明的に表現している

エ …写実的に表現している                                」

この問題では、「印象的に」がプラス評価の単語で、「説明的に」がマイナス評価の単語であることを知っていることが、正解にカギになっています。

国語ができるようになるための一つの方法は、単語の持つ評価がプラスなのか、マイナスなのか、あるいは中立なのかをしっかり覚えておくことです。

 

83 算数・数学の勉強法3

今回は、欲張り勉強法の具体例です。あなたが中学1年生だとしましょう。学校で分配法則を習います。

a(b+c)=ab+ac

そこで早速、(a+b)²に分配法則を応用して、

(a+b)²=a²+b² だから、

(3+4)²=3²+4²=9+16=25 となる。

でもこれはおかしい。

(3+4)²=7²=49 なのだから。

そして

(a+b)²=(a+b)×(a+b)

=(a+b)×a+(a+b)×b

=a²+ab+ab+b²

=a²+2ab+b² と思う。

じっさい、

(3+4)²=3²+2×3×4+4²=9+24+16=49

こんなことを考えながら時間を過ごしたら、これがまさに欲張り勉強法。

誰にも負けない勉強のできる人になるでしょう。