Archive for 2017年4月6日

75 テストの受け方1(ノーミスでテストを受けるやり方)

習い事の発表会などでも同じですが、適度な緊張が必要です。「これまで準備して今ここに自分がいる。いよいよだぞ。」と戦闘態勢を取るわけです。普段着感覚では力は出し切れません。

次が重要です。たとえば27×86という計算をしているとします。この計算は、次のような9回のかけ算の九九とたし算の九九でできています。(実際に27×86を筆算してください。次の通りです。)

①6×7 ②6×2 ③4+2 ④8×7 ⑤8×2 ⑥5+6 ⑦1+1 ⑧6+6 ⑨1+1+1

このとき、九九の計算をしている自分以外にその九九の計算が合っているかどうかを見張っている自分が必要です。この、計算をしている自分を見張っている自分がいなくなって、計算に没頭している自分だけになるとミスが出ます。問題を解いている自分とそれを見張っている自分を確保し続けることができればOKです。

適度な緊張 ・ 問題を解いている自分 ・ それを見張っている自分 の三つがそろえば、解ける問題はすべて正解できます。ノーミスでテストを受けることができるわけです。