85 国語の勉強法2 絶対的正義

国語の試験問題は、文章を読んで問いに答えます。この時、正解するに必要な情報は、必ず出題された文章の中にあります。出題された文章が元はもっと長くても、その省かれている部分は関係がない。

しかし、そのこととは別に、現在の中学校、高校の国語の入試問題が前提にしている絶対的正義がいくつかあります。

「異文化理解」:食事をするときに、指を使う文化もあれば箸を使う文化もあればスプーンを使う文化もある。そしてその三者の間に優劣はない。

「持続可能な社会」:化石燃料の使用は地球温暖化を引き起こす。これを防ぐには再生可能エネルギーを使用すべきである。

「西洋では人間が自然を支配しようとしてきたが、日本では人間は自然の一部であった。」:西洋は石の文化、日本は木の文化という対比もあります。

「印象的な表現」「感覚的な表現」:どちらも優れた描写力を称賛する言葉です。

「合理的な理由がないのに人の嫌がることをするのは、良くない」:物語・小説の登場人物の心情理解にかかわります。

理科であれば、「力学的エネルギー保存の法則」「作用反作用の法則」は太字で書いてあるので常に意識できますが、国語の絶対的正義(というより法則)は、生徒自ら発見し、意識するようにしなければなりません。

Comments are closed.