合格体験記

K.K (都立武蔵)
名古屋大学 経済学部 合格
立教大学 経済学部 経済学科 合格
 僕は文系として国語こそ得意でしたが、歴史が苦手だったので、数学を使う文系として受験をすることに決めました。
肝心の数学で役立ったのは自習&質問形式の勉強室でした。実は数学は苦手だったために解答・参考書に理解できない部分が多々あり、よりわかりやすい解説が必要だったためです。
英語では授業の長文演習が役立ちました。長文はあまりの面倒さに自習ではやる気が起きませんでしたが、授業で数をこなすうちに大事な得点源になっていました。
僕は飽きやすい性格のため人と比べ勉強時間では負けていましたが、塾、家、学校とやるべき時に身を入れて勉強していけたので合格につながったと考えています。大事なのは自信とやる気です。
R.H (錦城)
東京農工大学 工学部 化学システム工学科 合格
東京理科大学 理工学部 工業化学科 合格
東京理科大学 工学部 工業化学科 合格
 私が行人塾に通うことになったのは、中学の時、定期テストの成績が悪く、このままでは危ないと思ったからです。
行人塾では少人数授業なので、その場ですぐ質問ができて、また塾が用意するテキストはとても内容が充実していて、常備してある様々な教科の参考書も豊富なので、中学・高校のカリキュラム以上の学習ができます。さらに講師の先生方は多様な教科に対応しているので、授業に関係のない教科の疑問に対しても、一緒になって考えてくれます。そしてあまりにもクラスが少人数なので、自分が遅れたら先生や仲間に迷惑がかかるという責任感や連帯感が生まれ、よく通信教育などにおいて見られるダルさが出ることなく、結果的に最後まで集中することができます。
この行人塾に通ったおかげで、高校の部活を3年間続けられ、その中で大会入賞も果たした一方で、定期テスト・模試などでは、常に上位の成績をおさめることができました。
最後に、予備校よりも「自分のペースで努力ができる」という点で行人塾を評価してくださった高校の時の担任と同様に、私も行人塾をオススメします。
K.S (武蔵野北)
法政大学 社会学部 社会学科 合格
駒澤大学 法学部 法律学科 合格
 僕は小学校の頃から7年間行人塾でお世話になりました。授業中でも授業後でもいつでも質問に答えてもらえたり、受験の日程や勉強のやり方等の相談もしてもらえました。自習室も使えるので冬休み等の学校がない日に勉強しにいったりもしました。そのおかげで大学に合格できたと思います。
S.O (久留米西)
東京電機大学 理工学部 理工学科 合格
 私は、兄に勧められて行人塾に通い始め、中学から高校までお世話になりました。
行人塾は、少人数制で個々に合ったペースで授業を進めてくれるので、授業についていけなくなる心配はありません。また、先生方は、とてもフレンドリーなので、わからない所を質問しやすく、質問には生徒が理解できるまで、しっかり丁寧に教えてくれます。
塾に通う前の私は、何のために勉強するのかがわからずになんとなく学校に通っていました。しかし、行人塾に通い始め、学ぶことの楽しさを知りました。そして、さまざまな物事について興味を持ち、自ら進んで学ぶようになりました。そのおかげで、苦手だった教科も克服することができ、高校では上位の成績をとることができました。また、勉強が楽しくなり高校生活の3年間を無遅刻無欠席で送ることができ、皆勤賞をとることができました。
行人塾に通って私の人生は大きく変わりました。行人塾を勧めてくれた兄、そして学ぶことの楽しさを教えてくれた塾の先生方に本当に感謝しています。
Y.F (武蔵野女子学院)
東京女子大学 文理学部 心理学科 合格
日本女子大学 文学部 史学科 合格
高校、大学受験で行人塾にお世話になり第一志望校に合格できた兄の勧めで、私も入塾しました。私は高三の夏期講習からと随分遅いスタートでしたが、高二までの学校の授業で得た基礎と、それを確実に伸ばして下さった行人塾の先生方のおかげで第一志望校に合格することができました。
学校の授業だけでは良く理解できず、何となく解いていた問題なども、塾の先生が何気なく説明した所からどのように解くのかがわかるようになりました。また、先生が口癖のように繰り返し説明している所は自然と私の記憶にも残りました。そのためか今までかなり苦手だった英語も少しずつできるようになり、入試本番ではその英語が一番良く解けたと感じています。試験当日は緊張することもなく自分の力がいつも通り出せたのも、塾での日頃の授業のおかげです。
塾嫌いな私でしたが、今では行人塾に通って良かったと思っています。
T.Y (武蔵野北)
法政大学 法学部 法律学科 合格
日本大学 法学部 法律学科 合格
東洋大学 法学部 法律学科 合格
僕は小・中・高と約8年間行人塾にお世話になりました。行人塾で積み重ねてきたことが実を結び、合格することができました。周囲の人は驚いていましたが、コツコツ勉強していたので僕としては当然の結果だと思いました。この8年間を通して日々の努力の積み重ねが目標への近道だということが実感できました。最後にいままでお世話になった先生方、本当にありがとうございました。
K.I (清瀬)
中央大学 文学部 歴史学科 合格
駒澤大学 文学部 歴史学科 合格
僕が大学受験というものを意識して勉強を始めたのは部活を引退した高3の7月からでした。当初は自分の力だけで勉強をしたいと思っていました。しかし、模試では得意な英語と日本史は調子が良かったものの、苦手で嫌いな国語はいつまで経っても手がつかず、このままではマズイと思い、高校受験の時にお世話になった行人塾で国語を鍛えてもらう決心をしました。
行人塾では授業の最初に漢字や古文単語などの小テストがあり、それで満点を取りたかったので少しずつ国語にも手がまわり始めました。また入試で出そうな事項を何度も丁寧にやってくれたのでとても助かりました。おかげでセンター試験では国語が足をひっぱる事もなく滑り止めの大学に合格できたし、その波に乗って見事中大に合格できました。
1人ではやはり限界があり、苦しいでしょう。そんな時は行人塾で学習面、精神面で支えてもらうのもいいと思います。
Y.A (筑波大付属高校)
東京大学(文Ⅲ)合格
行人塾に通い始めたのは小5の時だった。それから8年間、そこで教わったことは、単なる問題の解き方だけでなく、もっと根本的な勉強のやり方とでもいうべきものだった。そもそも、受験勉強においては塾の授業と宿題だけでは不十分である。また、学校の定期試験対策にしても、学校の授業を直接知らない者には限界がある。その足りない部分を補うためには、自分でやる勉強というのが大切になってくる。そのために、行人塾で教わった勉強のやり方は非常に役に立った。先生方、どうもありがとうございました。
Y.N (西高校)
日本獣医畜産大学(食品)合格
振り返ってみるとこの1年間はとても大変なものでした。高校生活において部活を最優先してきた私にとって、今までおろそかにしてきた勉強の遅れを取り戻し、さらにその先へ…というのはかなり長い道のりで、自分1人では到達し得るものではありませんでした。しかし、そんな私を支えてくれる人達がいました。行人塾の先生方です。小学校の頃から通っていることもあり、私の得意なこと苦手なことをちゃんと把握した上で指導にあたってくれました。授業が終わっても廊下で質問に答えてくれたり、苦手な範囲があると別にプリントを用意してくれたり、進路で迷っている時に背中を押してくれたりと学力面だけでなく精神面でも大きな安心を与えてくれました。
お世話になった先生方、本当にありがとうございました。
B.A (ICU高校)
東京都立大学(人文)合格
私は高校1年や2年の時点で大学受験を意識したことはありませんでした。科目選択についても好きか嫌いかということでしか選びませんでしたし、授業は落第しない程度の気持ちしかありませんでした。そのため部活を引退した夏から行人塾へ通い出した頃、自分がいかに後れていたのかに気づきました。そして普段では絶対しないような異常な量の勉強をこなすことに慣れるように努力しました。英語・国語・日本史とそれぞれまず単語・漢字・物事を暗記することから始めて、少しずつ知っていることを増やして受験態勢を作っていきました。私は自分で計画してどんどんやっていくタイプではないので、塾で出された課題をやることが大きく役立ってきましたが、それでも最終的には自分自身がどの辺でどれくらい本気になれるかにかかっていると思います。それ次第でギリギリでの大逆転もありうるでしょう。
Y.H (武蔵野北高)
宮城教育大学(教育)合格
「継続は力なり」私がこの言葉を初めて耳にしたのは中学3年の時だった。その時の担任の先生が好きな言葉だったらしい。高校受験を間近に控えた頃ホームルームで言ってたのを覚えている。当時は真実味のない言葉に感じられた。高校にはいると予備校のパンフレットで同じ言葉に再会、ありきたりな経験談の一カ所に使われていた。他のパンフレットでも結構書いてあった。そこまで口をそろえて言うことのほどかなと、やはりどうも現実味には欠けていた。
高2の1月から塾に通い始めた。塾の1回に英単語40コの宿題を少ないと思いながら続けていたが、センター試験前には2回目が終えられていたから驚いた。
また、一問20問も30分もかかる数学の問題も一日7・8問ずつでもやっていくといつの間にか問題集一冊終えている。
受験を終え、ありきたりな経験談を書くにあたってまず思いついた言葉は「継続は力なり」―すごい言葉だと心底思った。
Y.F (清瀬高校)
法政大学(工)合格
高校受験の際にお世話になった行人塾に、再度門をたたこうと思ったのは高2の2月でした。まるまる2年間部活にあけくれ学校の成績も良くなかった自分があと1年で大学受験に間に合うだろうかと焦り始めていた時期でもあった。
行人での授業は少人数なので理解がしやすく質問もしやすくて、適当にやれないという緊張感もあり、真剣に取り組むことができました。テキストの中身も充実していたので、他の問題集をやることもなく塾での物を完璧にこなせば大丈夫だということも実感しています。先生方は各教科ごとエキスパート揃いで、自信を持って教えているので安心してついていけました。最後の最後まで親には信じてもらえなかった合格も塾の先生方の熱意と自分の諦めなかった努力でなんとか志望校に入ることができとても感謝しています。
A.I (田無高校)
東京農業大学(生物産業)合格
私は現役で大学に合格することが出来た。私にとって現役で合格することは大変困難であった。なぜなら私は夏休み前まで部活動に忙しく勉強する暇がなく受験勉強を始めたのは夏休みに入ってからであるからである。夏休みから入試本番まで6ヶ月。その6ヶ月の間に本番に対する勉強をマスターするのは自分にとって至難の業であった。だが私はこの難関を突破することに成功した。その成功の一番の元となるのは勉強法である。受験勉強というのはわかるわからないではなく、知っているか知らないかの問題である。つまりこのことは暗記するか否かの問題であり努力すれば必ず力になると思う。入試問題の半分以上は暗記力が占めるといっても過言ではない。そしてそのことを踏まえた上で「流れ」をつかむ。ここで言う「流れ」とは入試のパターンや引っかけ問題など暗記では勉強できないことである。そしてその「流れ」を教えてくれたのが行人塾である。私は暗記をした上でその「流れ」のつかみ方を塾で学んだ。
なぜ行人塾を選んだのかというと大手予備校だとくわしく教えてもらうのに並んだりして時間が無駄になったりするが行人塾のような少人数の塾だとそのようなこともないからである。そしてその分詳しく教えてもらうこともできる。だから私はこの塾を選んだ。このような勉強法を教え、合格に導いてくれた行人塾の先生方に感謝の気持ちでいっぱいである。
M.K (保谷高校)
日本大学(芸術)合格
僕は大手予備校は苦手なタイプです。だから高2の秋、日芸を目指して勉強を始めようと思ったとき、迷わず行人塾にしました。日芸対策のような特殊な物があるわけではないのですが、基本的な受験勉強の対策法はどこの塾でも大差ないと思います。つまり、気休めで有名な大手塾に通っても、本人がしっかりしなくては逆に失敗するというわけです。僕の周囲には何人かそういう人がいたようです。むしろ本人のやる気と努力する力があるのなら、行人塾のような少人数で、わかるところまでしっかり付き合ってくれる運命共同体のような塾の方が良いと思います。実際僕はこの塾に出会って幸せだと思っています。行人塾には僕らのことを過大評価せず、無理のない形で合格へと導いてくれます。努力を惜しまないやる気さえあれば、そのやる気を上手に受け取って、実力を発揮させてくれる力が行人塾にはあると思います。最後に、一年半の間先生方いろいろありがとうございました。
H.O (白梅学園高)
東京家政大学(文)合格
中学の頃、全然勉強しなかったので高校に入学してからは、勉強をがんばろうと思っていました。高校に入学してからも中学と同じ行人塾に通い、学校の授業でわからなかった問題や、予習でわからないところなど色々なことを教えてもらいました。行人塾では、少人数のクラスなので、勉強していてわからない問題があると、すぐに先生に聞けるし、先生方もとても親しみやすい先生方ばかりなので進路のことなどもたくさん相談に乗ってもらえました。塾のない日でも、わからないところがあると、塾へ行っていました。
最後に付属の大学や短大、指定校推薦をねらう人たちへ。1年の頃からテスト勉強をしっかりしておいた方がいいと思います。そうすれば、その勉強の方法で3年間がんばれると思います。それからテスト前日なのに「全然勉強しないで寝た」と言う人がいるけど、そう言いながらもそういう人はちゃんと勉強しているので、自分もしっかり勉強した方がいいと思います。
S.T (小平高校)
亜細亜大学(経済)合格
高1の頃から大学受験を考えていた僕は、友達の誘いで某大手予備校に通ったのが間違いでした。予備校人数が多く、質問するたびに並んだり、電車でしか通う事が出来ず、無駄な時間が多かったので、中学3年間通っていた行人塾へ行こうと思ったのが高2の冬、受験の1年前でした。
部活があったため、部活が休みの日は必ず塾へ行きました。授業は少人数なのでいつでも質問ができ、自宅から自転車で10分だったため、とても能率良く過ごせた1年間でした。
現役生は特に時間がないので、1日1日を能率良く過ごすことが、大学現役合格へのカギなのだと思います。
Y.E (田無高校)
帝京大学(法)合格
有名な塾だからといって良いところとは限りません。
大手になればなるほど教室が大きくなり、1クラスの生徒数が増えて、授業は一方的なものになってしまいます。苦手な部分ができてしまっては意味がありません。
行人塾では少人数での授業のため、少しでも疑問を感じたなら、その場で質問ができ、苦手なところをカバーできます。
それに加えて、一人一人個人に合わせたアドバイスを、毎時間のようにしてくれます。少人数ながらも楽しく勉強を進めることができ、それに適した環境を作れる場所でもあります。これは合格への近道でもあり、大切なことではないでしょうか。
今まで高校受験、大学受験とうまくいったのは、自分に的確な指導をしてくれる先生の揃った行人塾のおかげだと思います。