81 算数・数学の勉強法1

 最初のたし算の九九かけ算の九九が、大物です。これを習得しそこなうと、一生の問題になります。引き算の連続繰り下がりは、つっかえる人がある程度出ます。2桁の割り算も要注意。そして、割合と百分率が大変です。これはつまずく人のほうが多いので、赤信号みんなで渡れば怖くないという状態に陥りやすい。しかし、その後の数学・理科の勉強に必須なのでどうしても習得する必要があります。異なる分母の分数計算もつまずきやすい。用心が必要です。用心してつまずくことなく、算数の勉強が終わればそれはそれでOKです。
 でも、もう少し欲張りになってもいいでしょう。たとえば、学校で、「6÷3=2の意味は二つある。一つは、『6の中に3は2個入っている。』もう一つは、『6を三つのかたまりに分けると、一つのかたまりは2である。』」と習ったでしょう。そうすると、「6÷1/3=18の意味は、一つは、『6の中に1/3は18個入っている。』もう一つは、『6を1/3のかたまりに分けると、一つのかたまりは18である。』」
『6を1/3のかたまりに分ける』ってどういうことだ?
 そんな疑問が持てればすばらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA