94 英語の欲張り勉強法2 「someとanyが同じ意味?」―この真っ赤な嘘(続き)

someは、『常識的な数(または量)』を表します。
例えば、
     Some students play tennis, and some read books.(テニスをする生徒もいれば、読書をする生徒もいる。)
     Will you have some more coffee?(もう少しコーヒーをいかが?)
     I don’t know some of the students.(中には知らない生徒もいます。)
のように使います。
肯定文、疑問文、否定文のどれにも使います。
 anyは、『どんな数でも(どんな量でも』と限定しないことを表します。
例えば、
Any dictionary will do.(どんな辞書でもいいです。)
Are there any 82-yen stamps?(82円切手はありますか?)
I don’t know any of the students.(どの生徒も知りません。)
のように使います。
肯定文、疑問文、否定文のどれにも使います。

 このように、「someanyは、意味は全く違っている。そして、どちらも肯定文にも疑問文にも、否定文にも使う。」ということに気づくまで勉強するとすばらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA